スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

お別れ

今日は有休をとって
3歳ころからずっとお世話になっていた眼科の先生のところへ定期検診にいってきました。

なんでかっつーと、
3月末で先生が引退なさるとのこと。

もう20年以上先生に診察してもらい、
オペをしてもらい、
こういう医者になりたいと目標としていた人でした。

そういうのを思うと
診察前に泣けてしまい
先生を前にすると
もうどうしていいのかわかりませんでした。

ありがとうございました

とのひとことしか言えず
なんかもっと言いたいことあるだろうに、なんもいえねー状態でした。


私にとっていつでもいて
なにかあると必ずみてくれる先生が
もういなくなるんだなあと・・・。

先生の医院は大繁盛で
最後は私らがはいれなくなるくらい
待合室には座れないほどの患者さんで
惜しまれながらの引退。

体調不良ということで
しょうがないなとおもうけど
やはり悲しかったです。


ああ、だめだわ
思い出しただけで泣けてくるっす。


私が、先生のように誠実で優しい物静かな女性医師には到底なれないかもしれないけど
患者さんと向き合うときは
頭のどこかにおきながら
接していこうと思います。
本当に、20年以上にわたりお世話になりました。
先生、どうかこの先、のんびり、先生のためだけに
楽しんでください。
私は頑張ります。

スポンサーサイト

2010/03/08 14:53 |日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

 きーさん、こんばんは。

 いい話ですねー。自分も近所の病院の内科の先生には、同じく20年くらいお世話になっています。引退される時はそういう感情になるんでしょうね。ただ、次からはどこに行こうって思っちゃわないですか?

 感謝されるドクターは自分の目標です。患者さんからそういう風に言ってもらえるドクターになりたいですよね。

No:522 2010/03/10 18:53 | Miro #- URL編集 ]

◆Miroさん

確かにどこにいこうかなと悩みます。一応、開業してらっしゃったところは別の先生が院長として引き継がれるようなので当分は行こうと思いますが、その先生と合うのかなとか、昔の私の目のことを知らない方なのにな・・なんて気持ちがどうしても邪魔してしまいます。

私の場合、医療関係を目指したのが、この先生だったこともあり
余計にさびしい気持ちが強かったです。
私も、そういうドクターになれるよう頑張ろうと思いました。

No:523 2010/03/10 20:27 | きー #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。